トップページイベント・まつり

イベント・まつり

冬のイベントトップへ戻る 弘前城雪燈籠まつり

弘前城雪燈籠まつり

桜の名所、弘前城の冬もまた格別。

200基に及ぶ大小様々な燈籠や雪像が公園内に配置されます。 灯りがともされたミニカマクラ群や雪像は照明に浮かぶ弘前城とあいまって幽玄の世界へ誘います。


みちのく五大雪まつりのひとつ弘前城雪燈籠まつりは、昭和52年(1977)にスタートしました。雪燈籠は、長くて辛い北国の冬を楽しく演出しようと市民手作りで行われます。

厳冬の夜、雪化粧した天守と老松がライトアップされ、幻想的で詩情豊かな郷愁を誘います。


本丸から岩木山に向かって望む蓮池の周りには、ローソクを灯したミニカマクラ約300基が並び、あたりは雪と光のファンタジーに包まれます。

メイン会場の四の丸には、歴史的建造物などをかたどった大雪像や、大きな滑り台も作られ、雪を楽しむたくさんのイベントが行なわれています。

第43回弘前城雪燈籠まつり

ポスター
期間

2019年2月8日(金)~2月11日(月祝)

会場

弘前公園(国指定史跡「弘前城跡」)
弘前城本丸石垣修理工事について 公衆無線LAN情報(弘前市HP)

開会式

2019年2月8日(金)10:00~ 弘前公園内

雪燈籠

公園全体 約150基

ミニかまくら

西の郭(蓮池周辺) 約300基

露店

四の丸 約20店
9:00~21:00頃(初日10:00頃~)

公園物産館

四の丸(賀田橋近く) 9:00~21:00

雪燈籠・雪像の夜間ライトアップ

16:30(日没)~21:00
(ミニカマクラにはロウソクが灯ります)

チラシ・イベント案内

チラシは現在準備中です。
でき次第こちらに掲載しますので、今しばらくお待ちください。

ペットをお連れの皆様へ

 ペットの散歩はご遠慮ください。(ほ助犬を除く)
 ケージ、ペットカート(バギー)、抱きかかえにより入場できます。
 ただし、建物内への入場はご遠慮頂いております。

ドローンの飛行について

 弘前公園内での許可のないドローンの飛行は禁止されております。
 予めご了承願います。

大雪像

大雪像 旧弘前市庁舎
題材:旧弘前市庁舎

 西洋建築を模して建てられた旧弘前市役所は、正面に隅切りされたポーチを設け、屋根は入母屋、外壁は下見板にオイルペンキ塗りで仕上げていました。
 旧弘前市庁舎は平成元年に大雪像テーマとしており、平成の最初と最後 同じ大雪像テーマで今年の雪灯籠まつりを演出します。

プロジェクションマッピング

PM 2017年の映像です PM20172017年の映像です

大雪像をスクリーンにしてプロジェクションマッピングを行います。

投影時間

■期間中毎日 5回程度
※投影時間の詳細は現在調整中です。決まり次第こちらでご案内いたします。

弘前冬花火

花火

レクリエーション広場にて打ち上げ花火を実施します。

花火タイム

■2月9日(土)19:00~
※悪天候の場合は、2月10日(日)19:00~

津軽錦絵大回廊

錦絵大回廊 錦絵大回廊

弘前ねぷたまつりに出陣したねぷたの鏡絵や見送り絵などを再利用し、津軽錦絵の回廊をつくります。

会場

弘前公園内二の丸遊園地前通路
下乗橋では「津軽錦絵ミニ回廊」を開催します。

弘前雪明り

弘前雪明り

北の郭エリアにおいでいただいた方にキャンドルをお渡しします。それを思い思いの場所にどうぞ。
皆様がおいたキャンドルたちが、明りの溢れる空間を創り出します。

会場

弘前公園内北の郭

時間

17:00~21:00

テーマ:弘前の魅力再発見~弘前のここが好き~

弘前市内の小学生に「さくらまつりの思い出」をテーマに自由に書いてもらったキャンドルホルダーが会場内に飾られます。

子供の遊び場

大型滑り台 大型滑り台
大型滑り台

子供に大人気タイヤチューブで滑る大型滑り台です。

中型滑り台

そり専用の中型滑り台も設置されます。
(そりの貸し出しもあります。)

レクリエーション広場

雪あそび場
雪あそび場ワークショップ

ワークショップなどを行い、子供達が遊べる空間を創出します。
11日(月祝)には、ブランデュー弘前による子供向けサッカースクールを開催します。

※日程・時間の詳細は現在調整中です。決まり次第こちらでご案内いたします。

弘前の「冬」MOVIE

周辺イベント情報

冬に咲くさくら

冬に咲くさくら さくらの名所として名高い弘前公園ですが、実は冬にも人知れず咲いていることをご存知ですか?
さくらの枝に綺麗に積もった雪がライトアップされ、まるで満開のさくらが咲いているように見える幻想的な光景をお楽しみください。
開催日時

2018年11月30日(金)~2019年2月28日(木)
日没~21:30

会場

弘前公園 追手門付近の外濠

冬に咲くさくら

弘前エレクトリカルファンタジー

エレクトリカルファンタジー
開催日時

2018年11月30日(金)~2019年2月28日(木)
日没~22:00

会場

弘前市内各所
弘前のイルミネーション

link

みちのく五大雪まつり

みちのく五大雪まつり

「みちのく五大雪まつり」とは青森県八戸市の「八戸えんぶり」、青森県弘前市の「弘前城雪燈籠まつり」、岩手県雫石町の「いわて雪まつり」、秋田県男鹿市の「なまはげ柴灯まつり」、秋田県横手市の「横手かまくら」と北東北の冬を代表する五つのまつりです。

弘前城雪燈籠まつり

青森県弘前市 平成31年2月8日(金)~11日(月祝)

八戸えんぶり

青森県八戸市 平成31年2月17日(日)~20日(水)

いわて雪まつり

岩手県雫石市 平成31年2月2日(土)~2月11日(月祝)

なまはげ柴灯(せど)まつり

秋田県男鹿市 平成31年2月8日(金)~11日(日祝)

横手かまくら

秋田県横手市 平成31年2月15日(金)~16日(土) みちのく五大雪まつりホームページ みちのく五大雪まつりFacebook

弘前へのツアー

弘前へ来るには、ここを見ると便利でお得!!

出発地域別に、弘前へ来るお得なツアーやパック商品をご紹介します!

弘前へのツアー

地域住民の皆さまへ

雪燈籠制作者の募集 ※昨年度の情報です

まつり運営委員会では、雪燈籠や雪像、ミニ雪像、雪だるまの制作者を募集しています。

制作期間

平成30年2月1日~8日

参加条件

制作費・用具などは制作者が準備し、制作期間内に完成させること。

制作内容

(1)雪燈籠の制作者には、型枠、制作手引きを用意。
(2)雪像の制作者は、主催者が設ける幅3m、高さ4mの雪柱を素材に制作。
(3)ミニ雪像の制作者には、型枠を用意。高さ2mの雪像を制作。
(4)雪だるまは高さ約1.5mのものを制作。
※制作場所はまつり運営委員会が指定し、配置図を後日送付します。

問い合わせ・申込先

弘前市役所観光政策課(TEL:0172-35-1128)
■締切り:1月10日まで

雪燈籠制作ワークショップ 参加者募集 ※昨年度の情報です

弘前城雪燈籠まつりに先立って、雪燈籠制作のワークショップを行います。
「雪燈籠を作ってみたいけど、作り方が分からない」という人は、この機会に雪燈籠を作ってみませんか。

日時

平成30年2月3日、4日 午後1時~4時

会場

弘前公園

内容

弘前市の職員がサポートしながら、5人で1基の雪燈籠を制作します。
※2日間で1基を制作する予定ですが、いずれか1日のみの参加も可能です。

対象

弘前市民、今年の雪燈籠まつりでの雪燈籠制作新規申し込み団体=15人程度
※制作はのこぎりなどを使いますので、小学生以下は保護者同伴で参加してください。

その他

制作用の道具は市で用意しますが、屋外での作業となりますので、防寒具・手袋・長靴は各自で準備してください。
弘前公園には駐車場がありませんので、あらかじめご了承ください。

問い合わせ・申込先

弘前市役所観光政策課(TEL0172-35-1128)
■締切り:1月30日まで

弘前城雪燈籠まつり「弘前雪明り」ボランティア募集
※昨年度の情報です

市民手作りのお祭り「弘前城雪燈籠まつり」の期間中、弘前公園北の郭(くるわ)で開催される「弘前雪明り」の運営ボランティアを募集します。園内を飾るろうそくのほのかな明かりをあなたの手でともしてみませんか。

日程と内容

平成30年2月9日~12日
■昼の部(午後1時~5時)
ろうそくを入れるカップへの雪詰めおよびカップの会場内への設置など。
■夜の部(午後4時~9時半)
ろうそくを入れるカップへの雪詰め、ろうそくの点火、来場者へのカップの配布、終了後のカップの回収など。

その他

謝礼や交通費、食事の支給・提供はありませんが、弘前城無料入園券を1枚進呈します。
屋外での作業のため、防寒対策を忘れずに。

問い合わせ・申込先

弘前市役所観光政策課(TEL:0172-35-1128)
■締切り:1月30日まで


冬のイベントトップへ戻る

PR広告


スマートフォン版はこちら

PR広告

りんご公園SHOP ツアー てぶら 弘前城本丸石垣修理 JTB津軽会 弘前市鍛冶町探訪サイト かじたん 長靴無料貸出 welcomeHIROSAKI SNSアカウント一覧 バナー広告の募集
132